動物工場─工場式畜産CAFOの危険性

[原題:The CAFO Reader: The Tragedy of Industrial Animal Factories

ダニエル・インホフ著

四六判上製、560ページ  緑風出版、2016年


監禁畜産、大量屠殺、環境破壊…動物性食品産業の暗部に迫った驚愕のアンソロジー。

【ご購入はこちら

【目次】


第1部 CAFOの病的性格

 序論──農本主義から工業主義へ

 畜産工場──伝統的畜産の終焉(バーナード・E・ローリン)

 恐怖工場──動物への思いやりある保守主義を求めて(マシュー・スカリー)

 冷やかな兇行──産業主義の背景思想(アンドリュー・キンブレル)

 農牧を復活させる──農業の機械化には終末が迫っている(ウェンデル・ベリー)

 人類、動物の頂点?──進化仮説を問う(クリストファー・メインズ)

第2部 CAFOの神話

 神話その一──工業的食品は安価である

 神話その二──工業的食品は効率的である

 神話その三──工業的食品は健康的である

 神話その四──CAFOは農場である、工場ではない

 神話その五──CAFOは地域の味方である

 神話その六──工業的食品は環境と自然に恩恵をもたらす

 神話その七──工業的食品は世界を養える

 神話その八──CAFOの家畜糞尿は立派な資源である

第3部 CAFOの内側

 序論──業者が見せたがらないもの

 肥育牛の一生──工業生産される牛肉を追って(マイケル・ポーラン)

 豚の親分──工業的養豚業の急増(ジェフ・ティーツ)

 過ぎゆく鶏を見送りながら──解体ラインの絶望的単調作業(スティーブ・ストリッフラー)

 不人情の乳液──工業化と高泌乳牛(アンネ・メンデルソン)

 サイズが肝心だ──食肉産業とダーウィン主義経済の堕落(スティーブ・ビエルクリー)

 浮かぶ豚舎──工業的水産養殖が水の民を害している?(ケン・スティアー/エメット・ホプキンス)

第4部 多様性の喪失

 序論──消滅は続く

 マクドナルドおじいさんのゆかいな多様性──変転やまぬ農業の未来における伝統品種の役割

 (ドナルド・E・ビクスビー)

 搾り尽くされて──家族農家の喪失(トム・フィルポット)

 自然への猛攻──CAFOと生物多様性の喪失(ジョージ・ウースナー)

 多様性喪失の果てに

第5部 CAFOの隠されたコスト

 序論──経済学者は勘定の仕方を忘れてしまった

 農場から工場へ──共有財産の強奪(ロバート・F・ケネディ・ジュニア)

 けがれた肉──規制撤廃は食事を危険行為にする(エリック・シュローサー)

 CAFOは皆のすぐそばに──工業的農業、民主主義、そして未来(ケンドール・スー)

 汚染者に加担する──動物工場は租税補助金をむさぼっている(マーサ・ノーブル)

 薄切りにしてサイの目にして──あなたが食べる労働(クリストファー・D・クック)

 温かな惑星のミートの食卓──家畜と気候変動(アンナ・ラッペ)

第6部テクノロジーの乗っ取り

 序論──農場からハイテクへ

 抗生物質の乱用──CAFOは大切な人用医薬品を無駄使いしている

 (レオ・ホリガン/ジェイ・グラハム/ショーン・マッケンジー)

 フランケン・フード──家畜クローニングと工業的完成への冒険(レベッカ・スペクター)

 遺伝子組み換え家畜──自然を工業の鋳型に嵌め込もうとする厚顔な企て(ジェイディー・ハンソン)

 核の肉──放射線と化学物質で食品の〝安全〟を確保する(ウェノナ・ホーター)

第7部 牧草地への一新

0コメント

  • 1000 / 1000