Oceans Filled with Agony: Fish Oppression Driven by Capitalist Commodification

『動物・人間・暴虐史』の著者デビッド・ナイバート氏の編纂になる巨編 Animal Oppression and Capitalism(動物の抑圧と資本主義)に、拙論 ❝Oceans Filled with Agony: Fish Oppression Driven by Capitalist Commodification (苦悶を湛える大海―資本主義の商品化が駆り立てる魚介類の抑圧)❞ が収録されました(第1巻・第6章)。

まぐろ類を追い詰める脅威(漁業・養殖・水族館)を、「資源」保護ではなく動物解放の切り口から考察する試みです。

【ご購入はこちら

ペンと非暴力

翻訳家・井上太一のホームページ

0コメント

  • 1000 / 1000